読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

踏ん張りがきかないと怒りの側に振れてしまう。

f:id:utsubo_lab:20161229213127j:plain

怒るのが好きな人っているんでしょうか。私自身、好きかもしれないという心当たりがあります。

以前、正しいことを怒りを伴いながら言っている自分に酔ったことがありました。そのとき、明らかに快感なんですね。
自分の気持ちに敏感な人なら、そのときに気づくかもしれません。ですが、超ド鈍感な私は、2〜3年たった今、やっと気づきました。
たぶん、ドーパミンだかアドレナリンだか分かりませんが、そこらへんが分泌されて気持ちよくなっちゃったんでしょうね。
こういった類の怒りは気持ちいいから、あとになって恥ずかしい思いをする、ということを除けば、自分的には実害は少ない。他人様に対してはやや迷惑ではありますが……。

 

これとは違って自分でも「ああ、なんでこんなことで怒ってるんだ自分!」と思うような怒りが多いのが、私の悩みです。楽しくないだけですから、ぜひともやめたいのです。
でも、「やめられないとまらない」です。依存症というわけではないとは思いますが、もう長年しみついてしまって、こすってもたたいても落ちない癖です。
いったい、いつどこでこんなものがしみついたのかという原因究明もしてみました。そして、これかもという原因も見つかりました、というか勝手に原因だと決めつけましたが、今度はその原因に対して怒ってしまうのです。怒りのループです。
どんだけ怒るのが好きなんでしょうね、自分!?

 

今日も道行くおじさんに怒りました。もちろん心のなかで、です。
私が道の左側を歩き、おじさんは右寄りを歩いていましたが、私の行く手を阻むようにおじさんはだんだん左に寄ってきてしまいました。私はまっすぐ歩けずに、おじさんを迂回せねばならなくなりました。
ただ、それだけのことです。なのに、私はおじさんを心のなかで「まっすぐ歩け、このじじい!」と罵倒しました。
いやー、疲れますよ〜、こんな自分。当たり前ですけど。

 

そんなおじさんに魂で罵倒した後に、ある本屋さんに入り、ある雑誌を手に取りました。その雑誌に、
「みんな自分で壁をつくって、自分でその壁にぶつかって、その痛さを楽しんでいる」
というようなことが書かれたコラムがありました。

それを読んで、私は自分の思う「正しさ」という壁を高く高く築いているような気がしました。
道はまっすぐ歩かなければならない、他人の行く手を阻んではならない、他人に迷惑をかけてはいけない……。
自分がその壁をつくっているから、その壁を持たない他人に腹が立つのです。

自分なりの正しさを持つことは決して悪いことではありません。ただ、人間はそれぞれ違う。あることに対して、私は「ダメ」と思っていても、他人は「ダメ」とは思っていないかもしれない。
他人と何かしらの関係性をもつところにいる限り、なにがダメでなにがいいのかは、私一人が決めることでもなく、ましてや押し付けることでもありません。ただ、自分と違う人がいるという事実だけがそこにあるのです。

 

などとわかったふうなことを書いておりますが、イラッとするのはやめられず。イライラする暇があったら、あれもこれもしたいのに。

 

ここまで書いてきて、結局は、道にいたおじさんに対するのと同じ種類の怒りも快感なんだと気づきました。冒頭に書いた「私は正しい」という快感と同じです。もっと具体的にいうと、私は他人のことを考えて行動しているから正しい、と私は思っているようです。
それを人に強制するから、イライラするんですね。人の迷惑、周りが見えていない、自分勝手、気がきかない、などなど。口数は少ないくせに、悪口は出るわ出るわ途方もなく。

 正しさは一つじゃないことを認識するとか、フラットにものごとを見るとか、いろいろと解決策は巷にあふれかえっていますが、それだけに集中して踏ん張っていないとすぐに怒りの側に振れてしまいます。

「今は絶対にこの本を集中して読むのだ」
と自分に言い聞かせたら、うまくいったことがあります。しかし、それは電車の中のことでした。本を読みながら歩くわけにはいきません。

 

ということで、「時間の無駄!」をその場で発動させる以外、未だよい解決方法は見つかっておりません。

私の中にある感謝の気持ちの総量が、日本人の平均より少ないことはうすうす感じていて、それが高い壁をつくっている原因のような気がします。自分は人の世話にならず、迷惑もかけず生きていると思っているわけです。
人からされたよろしくない(と自分が思っている)ことは、いつまでたってもネチネチと覚えているくせに、何かしてもらっても感謝はその場限りですぐ忘れちゃうという私の思考回路をどうにかせねばなりません。
ということで、一度、思いっきり人に迷惑をかけたり、思いっきり世話になったりするといいのかもしれませんね。